デジタル診療|あざみ野駅・たまプラーザ駅の歯医者・歯科ならあざみ野ガーデンズ歯科

〒225-0023 神奈川県横浜市青葉区大場町704−11 あざみ野ガーデンズ
045-482-5001
ヘッダー画像

デジタル診療

デジタル診療|あざみ野駅・たまプラーザ駅の歯医者・歯科ならあざみ野ガーデンズ歯科

当院のデジタル診療

当院のデジタル診療

口腔内スキャナー(以下IOS)とは、Intraoral Scannerの略で、歯科で使用される小型カメラを用いて歯型を取る機器のことを指します。
従来型取りを行う際、粘土のような材料をお口の中に入れて、数分間かけて固まるのを待ち、取り外すというのが一般的な型取りの方法でした。
この方法は、口の中で3〜5分間保持する必要があり、これを苦手とする人が多く、歯医者が嫌な原因の一つとなっていました。 この材料にはにおいや味があるため、不快感を覚えたり、嘔吐反射を起こしてしまったりする方がいらっしゃいます。
しかし、IOSを使用することで、より短時間で、より不快感がなく、正確な型取りができるようになりました。

トリオス5

 

当院に導入しているIOSは、トリオス5という機器です。
従来型の口腔内スキャナーと比べて、より快適で衛生的な型取りが可能です。

 

 

  • 治療時間を短縮できる
    スキャンするスピードはとても速いため、治療時間を大幅にカットでき、治療時間が短縮されます。
  • デジタルデータでの比較が可能
    スペースをとる従来の歯型模型と違い、スキャンした患者様の詳細なデータはデジタルデータとして保存することができます。
    モニターに映し、治療前と後でのデータの比較も簡単に実施することができます。
  • 初期のむし歯を発見しやすい
    初期のむし歯は、視診やレントゲンでは見つかりにくいものです。しかしデータ上で確認すると色が変わって表示されるため、早期発見・治療につなげることができます。
  • 精度の高い詰め物・被せ物の制作が可能
    膨大な数の画像を撮影し、それらをつなぎ合わせて3D画像を生成します。そのため非常に精度の高いスキャンデータを得ることができます。
    このデータをもとに作られた被せ物や詰め物は精度が高く、患者様の歯にしっかり合うため、補綴物の耐久性にもつながります。

治療の流れ

口の中に小型カメラのようなものを入れて、歯の撮影を行います。しかも、撮影だけなので、あの不快感や嘔吐反射がありません。 いたって簡単に型取りは終わります。数分後、コンピュータ上で模型の確認ができます。 従来、粘土のような材料でとった型に、石膏を流し込み模型を作り、その模型に合うように歯科技工士が手作業でかぶせ物を作っていました。 IOSは、撮影した画像をコンピュータ上で3Dの模型にします。それに合わせてコンピューター上でかぶせ物を設計し、CAD・CAMという技術を使って機械がかぶせ物や詰め物を削りだして作ります。 石膏や粘土のような材料のように寸法変形もほぼありませんので、精度が抜群に良くなります。

メリット/デメリット

メリット

より正確な診査、診断

インプラント治療、矯正治療におけるプランニング

3Dプリンターを使用して実体模型の作成

デジタルデータをもとにした、より精密な修復物(被せ物、詰め物など)の設計
歯科技工士とのやりとりをデジタルデータ上で行うため、スムーズで製作物が早く完成する。

型取りをするとき、苦痛が軽減

患者様の身体にかかる負担も軽減

デメリット

口腔内の状態によって使用できない場合がある

歯の数が少ない方や歯並びが複雑な方など、口腔内の状態によっては使用できないこともあります。その場合は、レントゲンなどの他の検査方法を用いて口腔内の状態を確認し、治療を行います。

保険適用外の治療で導入費用が高額

口腔内スキャナーを用いた治療は現時点では保険適用外(※)となっており、高額な治療費がかかります。費用などは事前にご説明させていただきますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

デジタル診療の導入により、歯科医療の質や効率が向上しております。より良く、より快適な診療をご提供できるよう努めて参ります。

※診療報酬改定によって条件はありますが、CAD/CAMインレーの保険適用が開始されました。また、CAD/CAMクラウン(被せ物・差し歯)については、2020年9月に奥歯から前歯部まで保険適用可能な治療となっています。
CAD/CAMとは、コンピュータを利用してインレー(詰め物)やクラウン(被せ物・差し歯)を設計・製作するシステムのことを指します。

pagetop